ホーム > 商品情報 > 歯科学教育向け商品・実習模型 > グラフト実習用顎模型 [P9-X.717]

インプラント補綴領域

補綴分野

グラフト実習用顎模型 [P9-X.717]


特長
●インプラント埋入からフィクスチャー開窓などの基本的な実習を一貫して行える上顎模型。
●前歯部は骨欠損形状を再現しておりGBR法を想定した実習が可能です。
●右側中間欠損部では基本的なインプラント埋入実習が可能です。
●前歯部の骨幅は狭くなっているため、リッジエキスパンションを想定した実習が可能です。
実習用途
切開・縫合ドリリングインプラント埋入アルジネート印象骨増量法
ステント作製上部構造作製
仕様一覧
切開縫合用粘膜接着歯槽骨部2層構造
※粘膜と歯槽骨の接着はございません。
 
 
拡大写真

 

一覧にもどる