ホーム > 商品情報 > 歯科学教育向け商品・実習模型 > 1色レジン製無歯顎模型 [G1FE-402]

無歯顎補綴領域

補綴分野

1色レジン製無歯顎模型 [G1FE-402]

見積¥10,700/本体価格
無歯顎補綴領域を極める。豊富なバリエーションの402シリーズ。

口腔内最大の補綴物、総義歯。その製作時には、口腔粘膜の形を機能的に捉え、適正な咬合高径や人工歯の排列位置などを見つけ出すため様々なテクニックが必要となります。それらの修得の第一歩として、口腔粘膜の特性や種々の印象材の使用方法、与える咬合様式などを理解するため、基礎的なテクニックを一貫して実習することは欠かせません。402シリーズは、ソフト粘膜を付与した様々な印象採得法が行えるモデルから、人工歯排列などの技工作業が行える石こうモデルまで、実習目的に応じて様々なバリエーションの中から選択が可能です。

特長
●印象採得実習用模型「G10FE-402K-QF」と同じ形態のハードタイプ粘膜の無歯顎模型。

【コミニュケーション模型として用いる場合】
治療計画時の無歯顎症例の補綴物に関する説明の際、分かりやすく説明するためにはレジン床や金属床などの義歯を比較したり、実際に手にとって見てもらったりすることが重要になります。1色レジン製無歯顎模型402モデルは、上顎小窩などの解剖学的特長を有し、このモデルに合わせて色々なタイプの義歯を製作し、補綴物の見本にすることで義歯に関する説明をより綺麗に分かりやすく行うことができます。
実習用途
概形印象精密印象咬合採得義歯の装着
仕様一覧
シンプルマネキン装着可

※モデルアダプターSPMVにより装着可能

拡大写真
バリエーション
この模型には、咬合器違いのモデルもございます。用途によってお選びください。咬合器の説明はこちら
G1D-402(D咬合器つき) ¥8,640 さらに詳しく
G1-402(咬合器なし) ¥3,780 さらに詳しく

咬合採得

オプションのNシリーズ蝋堤と402Kモデルなどを組み合わせれば、マネキン実習での咬合平面の設定や垂直位および水平位などの咬合採得法を実習できます。