ホーム > 商品情報 > 院内コミュニケーション向け商品 > 歯髄疾患 > 歯髄疾患処置説明用模型 [PE-END001(P23-END.1)]

歯髄疾患

歯髄疾患処置説明用模型 [PE-END001]


2019年9月30日を持ちまして製造中止となりました。
歯髄疾患処置模型
特長
●根管治療の治療計画時や治療の説明の際などに、その処置をより分かりやすく説明できるモデル。
●健全な歯が歯髄炎になり、抜随や根管拡大、根管充填を経て歯冠修復処置を施すまでの流れを5つのステップに分けて並べています。
●模型歯は分割して内部の観察が可能です。
歯冠修復 根管充填 髄室開拡、抜髄、 根管形成 隣接面う蝕から 歯髄炎に罹患 健全歯
歯冠修復 根管充填 髄室開拡、抜髄、 根管形成 隣接面う蝕から 歯髄炎にり患 健全歯