ホーム > お知らせ一覧 > 【お知らせ】 弊社商品で使用しているメラミン樹脂についてのご説明

ニッシンからのお知らせ

【お知らせ】 弊社商品で使用しているメラミン樹脂についてのご説明

 中国におけるメラミンを混入した粉ミルクによる乳幼児の健康障害や、食品への混入に関して、新聞・テレビ等で大きく報道されております。弊社の商品にはメラミン樹脂を使用したものがありますが、当件で混入された化学原料の「メラミン(モノマー)」と「メラミン樹脂」は、物質的に別物でありメラミン樹脂の安全性は、それを原料としたメラミン食器において以下の通り確保されておりますので、ご安心してご使用ください。

1.メラミン食器の安全規格基準について
 日本では、メラミン食器は食品衛生法による合成樹脂製の器具または容器包装の材質別規格基準が定められていて、この基準に適合した原材料から製品に至るまで安全性は確保されておりますので安心してご使用頂けます。
また、イギリス BPF(イギリスプラスチック連盟)、ドイツ BGA(ドイツ連邦保健局)、アメリカFDA(アメリカ食品医薬品局)など世界各国の衛生専門機関に於いても規格基準を定め安全性を確保しております。

2.「メラミン」と「メラミン樹脂」の相違について
 メラミン樹脂は、メラミンとホルムアルデヒドを原料とした縮合物です。メラミン樹脂は、このメラミン樹脂を高温・高圧下で成形し、高分子結合化され製造されます。一連の報道で問題となっている化学原料の「メラミン」と「メラミン樹脂」は物質自体が違い、その作用も異なります。また、メラミン樹脂はその製造過程において、化学反応により化学原料のメラミンはほぼ全量反応しており、「メラミン」(メラミンモノマー)としては、ほとんど残存していません。

3.微量のメラミンモノマーの安全性について
 「メラミン」(メラミンモノマー)自体は、FDAなどの安全性審査で、毒性は低く、微量なら有害性は認められないことが確認されています。このため、各国とも安全衛生上の規制物質としていません。